シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

夫婦円満の為に旦那ができる3つの行動

f:id:jouhoukyok:20190305225423j:plain

 

 

 

この数年世の中で私の旦那はイクメンとか

 

イクメンじゃないとか言われていますが

 

 

最近行ったお店で隣の席の女性陣から

 

彼氏や旦那の悪口が聞こえてきましたヽ( ̄д ̄;)ノ

 

「子育て疲れた…まじ1人になりたい💢」

 

「あいつは何時も飲みに行ってばかり💢(子連れのママさん)」

 

「私の彼氏は○☆×€*!!マジあいつ☆%€!!(ザ!暴言!笑 感情入り過ぎて店内全てに丸聞こえ)」

 

 

女子会恐ろしや。

 

 

 

一体「イクメン」とはなんだ⁈⁈

 

娘が産まれたばかりの頃

 

 

イクメンになろうなろうと思いながらも何をしたら良いか分かりませんでした。

 

 

 

そして、1年後……見事に離婚

 

 

シングルファザーとなって子供を1人で見る事となり

 

実際にお母さんの仕事をするようになると

 

いくつか見えてきた事があります。

 

 

 

 

炊事や家事をしている間子供と遊ぶ

 

 

子供が「ママー」と言って、

 

料理をしている妻にくっ付いていました。

 

今子供を1人で見ていて

 

料理をしている時に子供が抱き着いてくると

 

嬉しさ半分、疲れも半分です。

 

これが毎日毎日続くと妻のストレスは大変なものになると思います。

 

妻が炊事や家事をしている間、

 

何気なく子供を呼んで遊ぶ。

 

これだけでもかなりのサポートになると思います。

 

 頭を休める時間を作れるようサポートする

 

大半の家庭では、妻は夫の倍近く子供と接しています。

子供と一緒にいるのは楽しい。

だけど、これも毎日続くとパンクしてしまいます。

夫が知らないところで、

 

妻は毎日子供を教育しています。

 

これもまた大変な事です。

 

職場で部下を指導するよりも、

 

何も分からない子供に一から物事を教える事の方が倍きついです。

 

毎日頭のスイッチを入れていると、

 

いつかパンクしてしまいます。

 

例えば、

 

1人でテレビ、読書、お風呂…なんでも良いです。

 

ぼーっとするでも良いし、

 

子供から少し離れて頭を休ませる時間を与えてほしいです。

 

 子供を預かり、1人の時間を与える

 

これもタイトル通り、

 

1人の時間

 

リフレッシュする時間を提供する。

 

なんの難しさもありません。

 

子供を見ておくから、

 

買い物でも洗車でも、

 

飲み会でも趣味の時間でも、

 

何でも良い。

 

1人になってリフレッシュする時間を提供する。

 

これも、夫婦で子育てをしていく上で

 

とても大切な事だと思います。

 

 

最後に

 

現代では夫婦共働き世帯が1,000万世帯以上。

 

女性の社会進出推進を掲げる

 

アベノミクス戦略により今後も更に共働き世帯が増加します。

 

「男は外で仕事をし、女は家を守る」

 

という考え方は古い!

 

 

夫婦共働きなのに家事育児を妻に任せ、

 

夫が育児にも中々参加しないという家庭が未だに多いです。

 

時代の変化に合わせ、男性も当然家事育児をしなければなりません。

 

 

家事育児に参加しない夫を持つ家庭が、

 

今後も仲良く家庭円満に生活出来るとは到底思えません。

 

 

 

 

夫が家事育児を積極的に行う

 

は当たり前。

 

しっかり妻の大変さを理解し、

 

さりげなくサポートするという気持ちを忘れずに

 

育児に参加してほしいです♪

 

 

 


 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村