シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

収入源を増やす事で人生が変わる!ラッドレースから卒業しよう!

f:id:jouhoukyok:20190309014532j:plain

 

あなたは何処に属する?

 

何の事を指しているのかというと、

 

ロバートキヨサキ氏が書いた

 

良書「金持ち父さん貧乏父さん」

 

 

に書かれている、クワドラント分類表。

 

 

今回は金持ち父さん貧乏父さんの基本項目の

クワドラント分類表をご紹介します。

 

 

⬇️クワドラント分類表⬇️

f:id:jouhoukyok:20190302194723j:image

 

ほとんどの人は左側の

 

E(従業員)もしくは、

 

S(自営業者)に該当すると思います。

 

対して、

 

世界の富豪のほぼ全員が右側の

 

B(ビジネスオーナー)、

 

I(投資家)のクワドラントに属している。

 

左側のEとSのクワドラントに属している人は、

 

 

会社に雇われ、時間を奪われ、額に汗水流して働き続ける。

 

右側のクワドラントに属している人は

 

Bの人の場合、自分の時間を確保しつつ人を動かす事で利益を上げ、

 

Iの人はお金がお金を生み出し、

 

更に資産を増やす。

 

EとSの労働者は車輪に乗ったネズミの様に

 

毎月の請求書を支払う為に必死で働き、

 

ラッドレースから抜け出せず一生を終える。

f:id:jouhoukyok:20190302211244j:image

 

富豪は労働者を使い、自分の時間を持ちながら更なる資産を形成していく。

 

そしてBの人は経営をする事でマネーリテラシーを身につけ、

 

投資家へと進む。

 

そして更に資産を築き上げる。

 

 

 

各クワドラントのお金の流れ

  • E(労働者)とS(自営業者)

労働➡︎給与➡︎毎月の請求書やローン返済にまわる

          f:id:jouhoukyok:20190302205310j:image

 

 

 

  • B(ビジネスオーナー)とI(投資家)

収入➡︎支払分➡︎資産へと回り、資産から更なる収入を生み出す

                  f:id:jouhoukyok:20190302205745j:image

 

 

汗水流して働く事を美徳とする昔ながらの日本人も多いので、

 

何が正解、不正解かは分かりません。

 

 

日本の場合、

 

義務教育〜大学・専門学校卒業

                              ⬇️

一般企業に就職というE(労働者)への道が一般的です。

 

良い会社に入り高額の報酬を手にする。

 

これも1つの生き方ですが、

 

時間と富の両方を手にするには、

 

クワドラント分類表の右側でしか手に入れられない。

 

この世界的ベストセラーとなった本を、

 

 

現在学生の方から、

 

労働者の方まで幅広く読んでほしいです。

f:id:jouhoukyok:20190302211314j:image

 

 

その上で学生は労働者としての道を選択するのか、

 

既に労働者となっている人はそのままその道を進むのか、

 

 

良い指針になると思います。

 

 

f:id:jouhoukyok:20190302211336j:image

 

ちなみに、

左側から右側に移行する最良の方法は

 

ロバートキヨサキ氏いわく

 

E or S➡️B➡️Iの順番が良いそうです。

 

理由は、Bを経験する事でIに必要なマネーリテラシーを身につける事が出来るからだそうです。

 

私も右側に行きたいので、

 

Bになる道を模索中です(笑)

 

左側でも右側でも、

 

どの道に進もうとも、

人生最後の日に

「幸せな人生だったー!!!」

と思える選択をしていきたいですね♪

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました(^^)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村