シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

科学的に見て自分の時間を最大限使うには?

f:id:jouhoukyok:20190309092044j:plain

 

忙しい毎日ですが、

 

皆さんは自分の時間をしっかりと楽しめていますか?

 

効率的に時間を使えていますか?

 

 

今日は自分の時間をより効率的に過ごす為の方法をご紹介致します。

 

はじめに

1日のスケジュールをどの様に組み立てていますか?

 

①予定➡︎自由時間➡︎予定

 

②予定➡︎予定➡︎自由時間

 

色々なパターンがあるかと思いますが、

大切なのは予定も自由時間もストレス無く効率的に動ける事です。

 

 

研究結果によると…

この予定と自由時間をどの様に過ごす事が最も効率的なのか…という事をオハイオ州立大学の学者が研究しました。

 

研究内容

上記①の1時間の自由時間後に予定を入れたグループ

と、

上記②の予定を終わらせた後に1時間の自由時間を入れたグループ

 

どちらが効率良く予定作業をこなし、

そして自由時間を存分に使えたのか。

 

 

その結果、

 

②の予定を終わらせた後に1時間の自由時間を入れたグループの方が、

 

スムーズに予定をこなし、その後の自由時間も存分に使えたという研究結果が出ました。

 

 

①のグループが

1時間の自由時間が、感覚的に40分で過ぎたのに対して

 

②のグループは

1時間の自由時間が、感覚的に50分で過ぎたそうです。

 

更に、

予定の作業効率も②のグループの方が格段に生産率が良かったそうです。

 

 

なぜ②のグループが時間の感覚も長く感じ、生産率も上がるのか?

 

後ろに予定がある状態で自由時間を過ごすと、人間は本能的に時間を気にしてしまい判断能力が落ちてしまいます。

その結果として、

後ろに予定がある為、時間ばかり気にして自由時間が短く感じてしまい、更に自由時間を存分に使えないため心に余裕がなくなり、

 

次の作業の生産率にも影響が出てしまいます。

 

まさに、ビンボー暇なし状態。

 

では、どの様に時間を使ったら良いか?

 

それは、

予定➡︎自由時間

という時間の使い方をする。

 

予定は出来る限りまとめて取り組み、

その予定を全て消化した後に自由時間に入る。

 

例えば仕事の場合

 

「自由時間の後にミーティングが〜」

と意識していては自由時間を存分に過ごす事が出来ません。

 

出来る限り予定をまとめて消化してから、

 

自由時間を楽しみましょう。

 

ちなみに私の場合は、

 

子供のご飯や炊事洗濯を全て済ませた後に

 

自分の事に取り掛かる様にしています。

 

心に余裕を持って自分の時間を楽しみましょう♪

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

⬇️この記事が面白かったという方、宜しければクリックお願いします(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村