シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

科学的にやる気を上げる方法!

f:id:jouhoukyok:20190322191058j:plain


 はじめに

朝起きてやる気が出ない…

どうしよう。

と思う方も多いかと思います。

特に月曜日の朝は憂鬱になる人が多いそうです。

 

そこで今回は

科学的にやる気を上げる方法をご紹介致します。

 

科学的に立証された方法

科学的見地から見たやる気を上げる方法があります。

それはズバり運動です。

 

「あーよくある話だね」

と思った方も多いかと思います。

 

そう!そのよくある話の運動が良いという事は

科学的に立証されているんです。

 

実験によると…

ハーバード大学の人気No1講師のタルベンシャハー教授が運動とやる気・学力の研究をしました。

 

 

まず、

学生を対象にして被験者を4つのグループに分類しました。

 

グループ①1ヶ月運動をしたグループ

グループ②1ヶ月運動をしなかったグループ

グループ③ 定期的に運動をしたグループ

グループ④ テストの朝だけ運動をしたグループ

 

この4つのグループに同じ内容のテストを行ったところ、テスト結果の順位は

 

1位  グループ①1ヶ月運動をしたグループ

2位  グループ④テストの朝だけ運動をしたグループ

3位  グループ③定期的に運動をしたグループ

4位  グループ②1ヶ月運動をしなかったグループ

 

となりました。(2位と3位は僅差)

やはり想像通りグループ①の運動する習慣を取り入れている人は、テスト結果にも良い影響が出ています。

 

 

面白いのが、

テストの朝運動を取り入れたグループ④が2位となった事です。

テストなど大事な日の朝に運動をするだけで結果が良くなるわけです。

この結果から分かるように、運動をする事でやる気が上がり頭が冴えるので、

学業や仕事などにも良い結果を与えてくれます。

 

科学的に見た運動とやる気・学力向上

 

運動をする事で、4つの効果が期待できます。

 

  1. BDMF(脳由来神経栄養因子)という物資が生成され、やる気が向上し新しい事を学ぶ意欲が向上する
  2. ドーパミンが生成され、注意力を高めてくれる
  3. ノルアドレナリンが生成され、気分が良くなる
  4. セロトニンが生成され、抗うつ効果が生まれる

 

 

どれくらい運動したら良いか?

わずか20分の運動で上記の4つの効果が期待できます。

しかも、走ったりする必要もなく、散歩程度の運動で効果が現れます。

まとめ

テスト結果からも分かるように、

運動を習慣化するのが一番良いです。

しかし、まだ習慣化出来ていない人でも、大事な日の朝に20分の運動を取り入れるだけで効果が現れます。

勉強や仕事にも大いに役立ちますので、皆さんも運動を取り入れましょう。

 

⬇️習慣化の取り入れ方⬇️

1日10分で人生の45%を変える〜習慣化によって人生を変えよう〜 - シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

⬇️クリックお願いします⬇️

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村