シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

少額投資で幸福度アップ!科学的にみた投資の効果!

f:id:jouhoukyok:20190403181027j:plain

 

はじめに

今回はメンタリストDAIGOさんの放送の中から、

投資による幸福度アップについて記事にしたいと思います。

投資と言っても株式投資などではなく、

募金やボランティアなど自分の物・お金・時間等の投資です。

投資をする事で幸福度がアップするという実験結果が出ているので、この情報を生活に活かしていけば、より日々の暮らしが充実したものになるでしょう。

 

お金を稼ぐ目的

あなたは何のためにお金を稼いでいますか。

下記の言葉は、スティージョブズがベッドで横たわりながら言った言葉です。

他の人の目には、私の人生は成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、仕事を除くと喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには富などは、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

私がずっとプライドを持っていたこと、認証や富は迫る死を目前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。

この言葉からも分かるように、ただ稼ぐだけでは幸せにはなれない。

 

ここからは投資と幸福度の実験をご紹介いたします。

投資と幸福度の実験①サイモンフレーザー大学(投資額と幸福度の研究)

実験内容

対象者に5ドル、もしくは20ドルを配ります。
そこから、2つのグループに分けます。

 

グループ①「自分の為にこのお金を使ってください」とメッセージを受けたグループ

グループ②「他人の為にこのお金を使ってください」とメッセージを受けたグループ

 

そして、両グループとも全てのお金を使い、一日の終わりに幸福度を調べます。

実験結果
実験の結果、他人の為にお金を使ったグループの方が幸福度は圧倒的に高かった。
ちなみに、他人の為に5ドルを使った人も20ドルを使った人も幸福度は同じであった。
つまり幸福度と投資額は関係がなく、大事なのは他人に親切にする行動をとる事です。
ボランティアも投資額と同様に、何時間もかける必要はなく、他人の為に何かをしようとする気持ちと行動が、自身の幸福度アップに繋がります。

子供でも人に何かをあげる時の方が、自分で食べる時よりも幸福度が上がります。

例:

・給料が上がったから皆で飲みに行こう=幸福度が上がる
・他人に投資をする事=幸福度が上がり自己肯定感が高まる(自分が好きになる)

 

投資と幸福度の実験②ロチェスター大学(自己選択と幸福度)

実験内容

対象者に2週間日記をつけてもらい、その2週間で誰を助けたか書いてもらう。

 

実験結果

自己選択をして、他人の為に行動をした人のみ幸福度が上がった。
他者からの強制によって、他人の為に行動をした人は幸福度が上がらなかった。
この結果、強制されて他人の為に行動しても自分の幸福度が上がる可能性は低い事が分かりました。

強制されて寄付などを募られた時などは、寄付しなくて良い。

自身の幸福度も上がり他者も助ける事が出来るようにする事が大切であり、自分で寄付したいな(自己選択)と感じた時に、少額でも寄付をする事が一番良い。(「こんな少額なんて」と思う必要はない)

幸福度が上がる科学的にみた最高の投資方法

科学的に幸福度が上がる投資方法は3つ

 

①自己選択する(強要された投資は意味がない)

 

②投資によって繋がりを作る。この投資で新たな繋がりが出来るかどうか(身内などへの投資はあまり意味がない)

 

インパクトを与える(他人の人生を変えたり、大きな変化をもたらしてその変化を自分自身感じる事が出来る)

 

例えば、

募金の場合、自分自身が自己選択をして投資を行い、その結果募金先の方々が救われる姿などを見る・感じる事が出来れば一番良い。

プレゼントの場合、このプレゼントによって相手が新たな事に挑戦したり、新たな繋がりを作るキッカケとなれば自分自身の幸福度も大幅に上がる。(メンタリストDAIGOさんは、本をプレゼントするそうです)

 

超少額でも良いから寄付をする

600人のアメリカ人を対象に自分に使ったお金他人に使ったお金の比率を調べた所、1割以下の割合でしか他人への投資をしない。

お金に不安を抱えている人も多いかと思いますが、その方々ほど無理をしない程度の超少額で良いから寄付をする事をおススメします。

そうすると、自分はお金に余裕があると脳が錯覚し、寄付をすることで逆にお金に対する不安が消えていきます。

幸福度を上げる事を目的に投資をするのも、良いのかもしれません。

 

まとめ

日々生活をしていく中で、時間やお金の投資を迫られる事も少なくありません。

資金を援助してほしい

仕事を手伝ってほしい

色々あるかと思いますが、自分自身がその人を助けたいと思うかどうかが大事なのだと思います。

自身の幸福度は上がらなくても「人間関係を維持する為にどうしても投資をしなくてはいけない」という場合も多いかと思いますが、今回は幸福度が上がる投資(時間・お金)にフォーカスを当てて記事を書きました。

人間関係・自身の幸福度とバランスを取りながら、投資をしていきましょう。

 ⇩クリックお願いします⇩ 

ブログランキング・にほんブログ村へ