シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

成功とリスク管理!成功した起業家はリスクを嫌う。

f:id:jouhoukyok:20190408003428j:plain

 

 

はじめに

今回は、アダムグラント氏の著書ORIGINALS 「誰もが人と違うこと」ができる時代より、成功者のリスクへの意識を調べた調査結果を書きたいと思います。

会社を起業し、成功した人の中には大きなリスクを踏む事が成功への第一歩なんていう人もいます。

突如脱サラして莫大な借金を抱えて起業する、レッドオーシャンに飛び込んでいくという人がいますがその中で成功出来るのは、ほんの一握りの人間のみです。

上記に記述した人の多くは、会社経営が上手くいかずに残った借金を抱えて、夢と現実のギャップに戸惑いながら日々の生活に苦しんでいます。その中の一部には、判断能力の低下から更に借金を重ねて新たに企業を立ち上げて、また失敗する…という人もいます。

では、真の成功者はリスクへどの様な意識を持っているのか。

世界中の研究者が調べた面白い調査結果をご紹介致します。

 

起業する際、本業を辞める?辞めない?

経営管理学研究者 ジョセフ・ラフィー&ジー・フェンの研究

調査内容

1994年~2008年の間に起業をした20代~50代の5000人以上のアメリカ人を調査対象として、起業をした後も本業を続けるかどうか追跡調査した。

 

調査結果

起業に専念する事を選んだ人は、自信に満ちたリスク・テイカーだった。

一方、本業を続けたまま起業した人は、リスクをなんとか避けたがっており、自信の程度も低かった。

 「はじめに」の言葉でもご紹介した様に、成功者の中には「リスクを取らなければ成功できない。リスクを取って挑戦しよう」と言う人もいます。しかし上記の追跡調査の結果は、起業後も本業を続けた起業家は、辞めた起業家よりも失敗の確立が33%も低かった。

まとめると、リスクを嫌い、アイデアの実現可能性に疑問を持っている人が起こした会社の方が存続する可能性が高い。そして、ギャンブラー気質の人が起こした会社は脆く崩れやすい。

 

リスクを嫌い、起業後も本業を続けた起業家の実例

・フィル・ナイキ(ナイキ創業者)

陸上選手だったフィル・ナイキは、1964年から車にランニングシューズを乗せて販売するビジネスをはじめたが、彼は1969年まで会計士としての仕事を続けていた。

 

スティーブ・ウォズニアックアップルコンピュータ共同創業者)

1976年にスティーブ・ジョブズと共にアップル・コンピュータを設立したが、1977年までの1年間は他の企業でエンジニアとして働いていた。

 

ラリー・ペイジセルゲイ・ブリン(グーグル創業者)

1996年にネット検索の性能を向上させる方法を見出していたが、1998年まで大学院の学業を継続していた。ラリー・ペイジは当時の事を、「博士号課程を辞める事が不安だった」と語っている。

 

 

他にも、グラミー賞受賞者のジョン・レジェンド、小説家スティーブン・キング、映画監督エバ・デュバーネイ、、etc

成功者の多くが起業後も本業を続けながら活動を行っている。

 

リスクとセーフティネット

ミシガン大学 心理学者クライド・クームスの研究

調査内容

 対象は株式投資で、リスクの高い株式投資をしようとする人の特性を研究。

 

研究結果

リスクの高い株式投資を好む成功者の多くが、他の投資では安全策を選んで身を守ろうとする。

日常生活においても、成功者はリスクに対処し、ポートフォリオの中でバランスを取っている。

ある分野で危険な行動を取ろうとするのなら、別の分野では慎重に行動することによって、全体的なリスクのレベルを弱めようとしている。

 

まとめ

成功した起業家というのは、世に出ていない新しいアイデアを基にして起業し、成功を収めています。

新しいアイデア(オリジナリティ)というのは、経済面や日常生活においてバランスの取れた環境で生まれやすい性質があります。

片方が高リスクなら、もう片方は慎重に行動する。リスク管理を徹底して行い、バランスの取れたポートフォリオの中で生活していく事でオリジナリティが生まれます。

 

リスク管理を行わずに成功した者の話だけを聞き、お金・時間・職、全てを投資し高リスクのみを抱えて挑戦するのも、魅力的に聞こえるのかもしれませんが、

成功者の多くがリスク管理を徹底して行っている。この事実を頭に入れて、挑戦していきたいものです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

⇩クリックをお願いします⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ