シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

不登校は不幸じゃない?そりゃそうだが…

f:id:jouhoukyok:20190517084232j:plain

 先日、不登校は不幸じゃない」と動画をあげた小学生ユーチューバーゆたぽんが話題となりました。

www.youtube.com

 

それに関して著名人が、賛否の声をあげ大きな反響を呼びました。

 

キングコングの西野さんは、「日本国民から否定された経験の無い幼い子に大人が寄ってたかって否定的な声を上げるのはどうなのか。万一、ゆたぽんがそれにより思い悩んで最悪の結果を生んだら誰が責任を取るのか。否定している人は責任とれるのか」

と言っていました。

ゆたぽんのお父さんが西野さんの大ファンという事がネットで話題となり、ゆたぽんも西野さんの影響を受けてこうなったと騒がれている事には、「ゆたぽん?誰??関係ない(笑)」と言っていましたが…

 

 

まぁ、キングコングの話はさて置き、

 

今回はこのゆたぽん…というよりは、不登校について書きます。

 

ゆたぽんが不登校になった本当の理由は分かりません。

 

「宿題が嫌だから学校に行かなくなった」とか、

 

簡潔に言えば「ダルいから行かない」という理由で不登校になったと言っていますが、

 

実際はイジメにあっているのかも知れません。

 不登校となった本当の理由は分からないので

ゆたぽんの行動を真っ向から否定するつもりはありません。

 

ゆたぽんが言っているような、

 

「行きたくないなら行かなければ良い」という言葉はケースバイケースだと思います。

 

例えばイジメにあっているのなら、当然無理していくなと言いたいですし、

 

その様な環境下で学校に通っても集中して勉強が出来なかったり、学校生活を楽しむ事もできません。

学ぶ場で勉強が出来ないのであれば本末転倒です。

その様なイジメや、心の問題を抱えている子供は、フリースクールに通って新しい仲間と過ごすか、自宅ででも良いので集中できる環境で勉強した方が、無理して学校に通う場合よりも数倍効率的であり正しい選択だと思います。

 

しかし、

ゆたぽんが言う「勉強が面倒」だとか、「宿題が嫌」という理由で不登校になるのは私は間違いだと思います。

 

私の場合は、心の問題を抱えて小学校高学年~中学時代、何回か不登校を経験しました。

そこから、立ち直るのに苦労しましたが、不登校の間は自宅で勉強していました。そこで、自分で考えて学ぶという習慣と考え方が養われ、大人となった今でも役だっています。

大人になって思うのは、「決して不登校は不幸ではない。自分で調べて学び理解するという能力が他の人よりも鍛えられたので、あの期間も無駄ではなかった。しかし、学校に行ける状態・環境なら行った方が絶対に良い。そこで学ぶ事も沢山あると思う。」

 

私の場合は、家庭の事情や心の問題もあり、学校に行きたくても行けない状態だった。

 

何が言いたいかというと、

今学校に行ける状態の人が、ダルいという理由だけで勉強もせず学校にも行かないとなると、大人になった時に後悔する。

 

ゆたぽんのお父さんが影響を受けたキングコングの西野さんも学生時代は「学校が好きで好きでたまらなかった。だから不登校の人の心理は分からないし知らない。」と言っていました。

若者に人気の堀江貴文さんもめちゃくちゃ頭が良くて東大卒。

若者からの支持が絶大で出す本が全て大ヒットする人気編集者の箕輪厚介さんも早稲田大学卒。

要は、成功している人の大半は学校で教える勉強をしっかり学んでいる。

「学校に行かなくても良い」と本で言っている人が、実は少なくとも小学校・中学校の基礎はしっかり学んでいる。学校にどうしても行けない環境の人は、最低限自分で勉強をしよう。「ダルいから学ばない」は、将来に大きな負の遺産を残す可能性があります。

ちなみに、私も不登校時代は学校に行けなくても自宅で参考書を開いて学び、大学まで卒業しました。勉強はやっていても損はないですよ。

 

しっかり考えて行動しましょう。と不登校経験者が偉そうに語りました。

ちゃんちゃん。

 

また今度♪

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ