keniiblog

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

大きな出費から先に手を加えるのが節約の肝だ。

f:id:jouhoukyok:20190528201002j:plain

 節約は面倒くさくて苦手!そんなFPで経理経験者の私が実践している簡単節約方法についてご紹介します!

 

 

節約というと、スーパーの特売日を調べ、、特売日に商品を購入…なんてイメージされる方も多いと思います。

 

出来る限り安く物を買うという行為も大切です。

 

ですが、そこに手を加える前に大事な事、それは固定費を節約する事です。

固定費とは、毎月決まって発生する費用の事です。

 

例えば、

  • 電話料金
  • インターネット料金
  • 住居費
  • 水道光熱費
  • ガソリン代
  • 教育費
  • 生命保険料

様々な固定費があります。

まずは固定費に手を加える方が削減率が高くてより効果的です。

 

実際に私が行った固定費削減は、

 

電話料金、生命保険料、家賃、ガソリン代の削減です。

 

電話料金

KDDI➡UQmobileキャリアを変更。

※インターネットは質が高く、金額もさほど変わらない為、現状のKDDIから変更なし。

このキャリア変更によって、

約8,000円/月➡約3,000円/月と毎月約5,000円の節約となりました。

年間約60,000円の節約!かなり大きいです!

 

生命保険料

更新型の掛捨て定期保険1つに加入していましたが、

上記保険を解約し、現在は年金保険・積立保険・医療保険の3種類の保険へ加入しました。

毎月の支払額が約2,000円下がり、年間約20,000円~24,000円の節約効果となりますが、何よりも年金・積立保険による貯蓄効果と、年末調整の際の節税効果が魅力的です!(生命保険料控除)

支払額だけを気にするのではなく、貯蓄と節税にも意識を向けるとかなりの節約効果が期待できます。

お近くのFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するか、ご自身でFPの参考書を買って生命保険の仕組みを勉強するだけでも全く違います。

私は独学でFPを学び、その後生命保険会社で働いているFPに生命保険の乗り換えを相談して決めました。

不安を煽りやたらと掛捨ての医療保険や更新型保険に勧誘する人は要注意です!

自身で情報を仕入れて、生命保険を見直しましょう。

 

家賃

どの様な家に住むかは人それぞれですが、私の場合あまり家にこだわりはありません。見た目が古くても、しっかり住めれば特に問題ありません。

なので、無理して高い家賃を支払い新築のアパート・マンションに住むぐらいなら、低家賃の物件に住んで賃料を抑えてその分を貯蓄する方が良いのではないかと思います。

(お金に余裕があれば新築物件に住みたいのですが… w)

 

ガソリン代

ガソリン代の節約と言っても通勤距離は変えられないし、自動車通勤を電車通勤に変えるというのも中々大変です。

私の場合は、職場も遠く、今後娘の成長と共に遠出する機会も増える為、ハイブリット車へ買い換えました。

ガソリン代節約の為に外出する機会を減らすよりも、燃費の良い車に買い換えた方がストレスもたまらないし、良いのかと思います。

 

その他…教育費、水道光熱費

私の場合は、子供がまだ小さい為教育費などに意識を向ける必要はありませんが、子供の年齢によって教育費も注視する必要があります。

また水道光熱費は、電気の付けっ放しや水道の出しっ放しには気をつけていますが、それ以外で何か手を加えることはしていません(笑)

 

タバコ、お酒代

禁煙に成功したので、毎日タバコ代が浮きかなりの節約となっています。

⇩この本を聴くだけでタバコを辞めました(本当に)⇩

 

⇩過去記事⇩

www.shinpapa.work

 

お酒は禁酒に失敗しましたが、、、それでも週2,3本チューハイを飲む程度なのでそこまで酒代は発生していません(笑)

まとめ

やはり節約をするには、大きな出費から削っていく事が大事です。

それと同時に、出来る人は無理のない範囲で食費等細かな出費を節約していくのがベストなのだと思います。

私は、現在は上記の固定費のみに手を加えていますが、追々食費等にも気を付けていきたいと思います。

 

⇩過去記事⇩

www.shinpapa.work

 

⇩おススメ禁煙オーディオブック⇩

⇩クリックお願いします⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ