keniiblog

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

子供の将来の為に親がやるべき事【選択枠を示す】

f:id:jouhoukyok:20190804151911j:plain

 はじめに

 

今回は親の役目について記事にしたいと思います。

テーマは、子供の将来の為に親がやるべき事

将来といっても、職業に関する事が主なので、人間性を育む教育論などについては省かせていただきます。

 私の経験、尊敬する方々から得た情報(弁護士・医者・獣医師・医療関係者)、

そして数冊の良書を参考に記事を書きます。

子供の将来の為に親がやるべき事

f:id:jouhoukyok:20190805004430j:plain

子供の将来の為に親がやるべき事。

結論から言うと、

幼少期~高校卒業までに、

①遊び・学び・他者との交流など多種多様な経験をさせる

②親の知識・経験を伝えて将来の選択枠を増やす

 

子供自身が日々の生活の中から自発的に目標を見つけてその目標に向かって努力する人もいるかと思いますが、その様な方は稀だと思います。

幼少期~高校卒業までに多種多様な経験をする事で、子供は幅広い知識をストックする事が出来ます。

子供自身これまでの経験から得た情報と、親などの身近な人からの新たな情報を取り入れる事で更に将来の選択枠が広がります。

 

社会的ステータスの高い人ほど多くの選択枠を得て育つ

私はこれまで職業柄多くの高スペックな方々と接してきました。

医療関係者(医者、看護師、放射線技師)、弁護士、獣医師など。

また社会的職業ステータスは低くても、人生を楽しんでいる人(旅人、俳優)もいました。

この方々が何故この道に進んだのか気になり聞いてみると、

親から「この様な職がある」「この様な生き方がある」という話を聞かされていたという人がほとんどでした。

身近な人に、自分の知らない世界を教えてくれる人がいる。

選択枠を与えてくれる人がいるのといないのとでは、その後の人生に大きな差が出ます。 

 

 私の場合、

両親からは「とりあえず良い大学を出て、良い会社に就職する」もしくは、

「良い大学を出て、公務員になる」という選択枠を中学時代から高校卒業まで聞かされていました。

「この選択枠以外にも他に道は無いのか」と自分で幅広く考えれば良かったのですが、特に夢や目標もなく過ごしていたので、与えられた選択枠の通りに大学を出て、某大手企業に会社員として就職しました。

 

f:id:jouhoukyok:20190804211212p:plain

念のため語弊の無いように言いますが、両親からは多くの愛情を貰い育てていただいたので、これまでもこれからも両親には心から感謝しています。

 

ただし、人生を決める職業の選択枠が1~2通りしか無かった。

そこに関しては、もう少し選択枠がほしかった…というのが本音です。

 

親自身も日々アップデート

f:id:jouhoukyok:20190805003913j:plain

現在ではプロゲーマー、YouTuber、ブロガー、SNSを駆使したインフルエンサーなど好きな事をして収入を得ている人が数多くいます。

社会の変化によって、今までの価値観が通用しない時代に突入しています。

情報を与える親自身も日々多くの事に挑戦し、時代に合わせて知識・経験をアップデートして成長していかなくてはなりません。

子供が進路に迷ったときに、「この様な職業がある、この様な生き方がある」と子供の知らない世界・情報を教える事が出来れば子供の将来にも良い影響があると思います。

 

最終的に決めるのは子供自身

親の仕事は、親の望む人生を子供におくらせる事ではありません。

あくまでも、親自身が知りえた情報・経験を伝える。

そこから、その後の職業選択や、人生の選択をするのは子供自身です。

また、子供自身が世の中の情報を取り入れ考える癖を身に付けさせるのも、親の大事な仕事だと思います。

 

 

親自身が日々アップデートして、子供に多くの知識・経験を伝える。

親自身も日々頑張っていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

⇩参考良書⇩

 

 

⇩人気記事⇩

 

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

 ⇩クリックお願いします⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ