シンパパ KENIIの育児・ビジネス・心理学情報局

育児、ビジネス、心理学の情報を軸に毎日発信していきます♪たまに時事などの雑談もあります♪

【ロンドン大学の研究】 親の叱り方ひとつで子供の人生が左右される!

f:id:jouhoukyok:20190817064730j:plain

 

はじめに

今回は、メンタリストDAIGOさんの動画を参考に記事を書きます。

 

テーマ:「 親の叱り方ひとつで子供の人生が左右される」

近年毒親という言葉を至る所で耳にしますが、

毒親は自らの叱り方によって子供の未来を潰しています。

どの様な叱り方が子供の未来を潰すのか、

また、どの様な叱り方が良いのか。

研究結果を踏まえながら説明していきます。

f:id:jouhoukyok:20190817112810j:plain

ロンドン大学の研究

ロンドン大学5300人のデータをもとに行った研究によると、

 

親の悪い叱り方によって、子供の心身の成長に悪影響を及ぼすという研究結果が出ました。

 

具体的には、

・将来メンタルに問題を抱える確率が極端に上がる

・人間関係の作り方が分からなくなる

・他者と距離の取り方が分からなくなる

・引きこもりになる

・暴力的になる

 などなど。

では悪い叱り方とはどの様なものか

 

悪い叱り方

毒親は、

叱る際に「子供を心理コントロールする」という特徴があります。

ネガティブな事を遠回しに言ったり、

子供に罪悪感を煽ったり、羞恥心を感じさせるような行動を取って子供を心理コントロールする。

これらをされた子供は幸福度が下がるし、メンタルが病みます。

この悪い叱り方をすると、子供の将来に悪影響を与える可能性が極めて高いです。

 

良い叱り方

 良い叱り方は、心理コントロールをせずに子供の行動をコントロールする事です。

簡単に言うと、行動する事を直接的に伝える。

 ⇩下記具体例⇩

叱り方の具体例

勉強をしない子供に対して

悪い叱り方の場合(心理コントロール

行動する事を伝えるのではなく、

「 誰が学費払っているのかな」と遠回しに言葉をかけたり、ワザと友達の前で子供を叱って恥をかかせたり、子供に罪悪感を感じさせる。

 

良い叱り方の場合(行動コントロール

ネチネチと遠回しに言うのではなく、

「1日2時間は勉強しなさい」と直接的に行動する事を指摘する。

 

家事をしない子供に対して

悪い叱り方の場合(心理コントロール

 「○○さんは家事も自分でやっているらしいよ…それに比べてあなたは…」という様に子供のプライドを傷つける叱り方をする。

これでは子供の自己肯定感も幸福度も下がってしまいます。

 

良い叱り方の場合(行動コントロール

遠回しに言うのではなく、

直接的に「家事をしなさい」「自分が使った皿は自分で洗いなさい」と行動する事を伝える。

 

叱り方の注意点

良い叱り方(行動コントロール)をする場合、叱る基準を明確にしておく必要があります。

同じ行動に対して、叱ったり叱らなかったりはNG。

叱る時はネチネチ叱るのではなく、毎回同じ強度で出来るだけ短く「ピシッ!」っと叱る。

そして親の気分で叱らない事です。

 

最後に

子供の性格は親の努力一つで変えれるものではありません。

半分は遺伝子によって決まり、半分は周りの友達などの環境によって変わります。

しかし、子供のメンタル面は親の影響をモロに受けてしまうので、親は自分の言葉一つが子供の未来に大きな影響を及ぼしてしまうという自覚が必要です。

正しい叱り方で子供の可能性を伸ばしていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

 

⇩DAIGOさんの動画で紹介されたおススメ著書⇩

 

⇩クリックお願いします⇩

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

⇩人気記事⇩

 

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work