シンパパkeniiのライフハックブログ

とりあえずやってみる!がモットーのシンパパが実際に経験した情報をまとめてお届けするライフハックブログです。育児・仕事・副業・生活術を中心に発信していきます。

【人生が変わる】超人気ブロガー(超人気YouTuber)の人生を変えた良書10冊まとめ!!【思考を作る】

f:id:jouhoukyok:20200216174328p:plain

 今回の記事は超人気ブロガー「マナブ」さんがおススメする、マナブさんの人生を変えた良書をご紹介致します。

ちなみに、、「マナブ」、、誰?

クエスチョンマークが付く人も多いと思いますので、

マナブさんを簡単にご紹介します。

 

マナブさんをご紹介(記事の最後にリンク載せています)

・氏名:坂内 学

・職業:ブロガー、YouTuber、プログラマーインフルエンサー、、幅広過ぎて職業不詳です(笑)

・ブログ:月間150~200万PV

YouTube:登録者約30万人

Twitter:フォロワー21万人

・年収:1億以上

ノマドスタイルで主に東南アジアを旅しながら情報発信をしている

 

ざっくり説明するとこんな感じです。

 

われわれブログを書いている人間からすると雲の上の存在です。

マナブさんが人生を変えた本を紹介していたので、、勝手に紹介します(笑)

是非チェックして、本屋さんででも現物を見て買ってください♪

 

まず10冊全てをまとめてご紹介。

 

マナブさんの人生を変えた10冊の良書

①黄金の羽の拾い方

②自分のアタマで考えよう

③ワーク・シフト/ライフ・シフト

竜馬がゆく

スティル・ライフ

⑥諦める力

⑦影響力の武器

⑧いますぐ書け、の文章法

⑨10倍売る人の文章法

マネーロンダリング

 

 

詳細

①黄金の羽の拾い方

結論から言うと、「サラリーマンの無駄さ」を学べる本。

この本を読む事で、「サラリーマンってこうなんだ。年収の上昇率には限界がある」という社会の理不尽さと仕組みを知る事ができる。

出来る限り若い内に読むべき本。

ちなみに、マナブさんは新卒でサラリーマンとして入社した当初に経営者の方に勧められて読み、そこでサラリーマンを辞める事を決意したそうです。

いわば最初にフリーランスで働く事を決めさせてくれた本だそうです。

 

②自分のアタマで考えよう

結論から言うと「正解をみちびく力」を身に付ける事が出来るそうです。

人生を変えるには意思決定を早くしていく事が重要です。

仕事にしても生き方そのものにしても、様々な選択枠がある中でそれぞれの条件をちゃんと理解して自分なりに考えた上で意思決定をしていく。

この様な「選択➡行動」の動作を素早く繰り返す思考法を学べる本です。

 


③ワーク・シフトorライフ・シフト

マナブさんが読んだワーク・シフトは少し前に出された本ですが、同じ著者が書いているライフ・シフトもベストセラーになった良書です。

今ならワーク・シフトが見つからなければライフ・シフトでも学ぶことが出来ます。

ワーク・シフトで学べることは結論から言うと、

「これからの働き方」です。マナブさんがこの本を読んだ2014年~2015年はフリーランスという働き方が凄く意識され始めた時代でした。

そのフリーランスとしての働き方を学ぶ事ができます。

ライフ・シフトは「これからの生き方」が描かれています。

これからはキャリアの進め方は変わる。昔の考え方は「キャリアは1つの道しかない」というのが主流でしたが、これからの寿命100年の時代では多様な道でキャリアを築けるという今後の時代について描かれています。

今後の生き方を学べる本です。

(ちなみに、、私も2020年2月16日に買いました!!!笑)

 


 


 

 

竜馬がゆく

この一冊から学べたことは、「生きる勇気」だそうです。

マナブさんは20代前半に起業に失敗した時期に実家で引きこもり生活をしていたそうです。

人生に明るい兆しが見えない中で、多くの本を読み漁る中Amazonで1円で売られていたそうです。

そこで「1円だから良いか」と買ってみたところ、「なにこれ!?止まらない!」と言う感じで一気に読み終えたそうです。

そこで感じた事をざっくり説明すると、

坂本龍馬は5,6回人生で暗殺されかけている。それに比べて俺は何を引きこもっているんだ。起業に一回失敗したところで、龍馬なら絶対に諦めないな。」と気持ちを奮い立たせてくれた本だそうです。

 ちなみに、ソフトバンクの孫さんが一番おススメしている本でもあります。

 

 

スティル・ライフ

 この小説は、とにかく著者の才能がハッキリと分かる文体が綺麗な一冊。

結論は「ゆっくり生きる」ことを学べたそうです。

この本を読んだ時期は起業失敗後で、月収5万の時期。周りのライバルや後輩が年収で追い抜き焦っている中でこの本と出会い救われたそうです。

その中の文章で、「社会では早く決めた人が優遇される。でも自分は早く決める事は出来なかった。できなかったから自分はもう少し迷っていよう」という言葉で心が救われたそうです。現代も競争社会で生き急いでいる人が多いので、少し立ち止まる事を教えてくれる一冊です。

 


 

 

⑥諦める力

この本は、元陸上選手為末大さんが書いた本で、この本を読むと結論「行動力が上がる」そうです。

この本で書かれている諦める力とは何かというと、何か挑戦したときに「人間には限界がある」と言う事が描かれている。

よく街中に出回っている自己啓発本では「人間には無限の可能性がある」という事が書かれています。これも一部事実ですが、どこかで諦める事も重要であり為末さん自身も諦めたそうです。

為末さん自身は、ハードルでオリンピックに出て結果を出したが元々は短距離選手で、短距離でオリンピックに行く事を夢見ていたそうです。

しかし、自分の能力では短距離界では絶対に勝てないと諦めてハードルに転向して、結果的にメダルを勝ち取る事が出来たそうです。

挑戦する事も大事だが全てを叶えるのは不可能であり、何かをどこかで諦める事も重要です。

 


 

⑦影響力の武器

 この本は、結論「稼ぐための心理学」の本です。

マナブさんはこの本でネットビジネスで成功する為の心理学を学んだそうです。

特にマナブさんが重視しているのは、「単純接触効果」

単純接触効果とは何度も目に触れたり、何度も会うとその相手に好意を持つようになる効果です。マナブさんが重視するブログ・YouTube「毎日更新」という作業もこの単純接触効果を狙った作戦の一つでもあるそうです。

ネットビジネスだけではなくて、営業マンなど多くの方に読んで欲しい一冊だそうです。

(ちなみに、、メンタリストDaiGoさんもおススメした大ベストセラー本です)


 

⑧いますぐ書け、の文章法

 この本では、結論「文章のマインド」を学べる。

文章を書く際のマインド設定を学べるそうです。

マナブさんがブロガー駆け出しの頃、色々な本を読んで文章の書き方を学んでいる中で、一時期文章を書けなくなったそうです。それは何故かと言うと多くの知識に縛られて、「この時はこのルール、この場合はこのルール」と頭の中がゴチャゴチャになり固まってしまったそうです。

その時にこの本に出会い文書のマインドを学んで書きだせるようになり、

この本で文章の書き方から、トークの基礎まで学べた一冊だそうです。

 

⑨10倍売る人の文章法

 この本では売るためのライティング技術を学べるそうです。

この本の中には世界一の売るための文章がこの中に書いてあります。

 

この本を見る事で、世界一の「物を売る」技術を手に入れる事ができるそうです。

 


 

マネーロンダリング

この本から「海外企業に関する憧れ」を学んだそうです。

マナブさんは現在マレーシアに法人を持ち、シンガポールで資産運用を行う予定であり今後さらに海外展開を考えているそうです。

この本(小説)の主人公は世界中でビジネスをしていて自由な生活をしていて、この小説から世界で働く事をインスピレーションしたそうです。(マネーロンダリングはしていないそうです。笑)

 


 

まとめ

何をもって成功というのかは人それぞれですが、

マナブさんは間違いなく時代の波に乗っている人の一人だと思います。

今回紹介した本は、全てマナブさんがおススメしたものであり私が持っているのはライフ・シフトの一冊のみですが、、(笑)

今後、私も残り9冊を買いそろえて読んでみたいと思います。

皆さんも上記のリンクか、お近くの本屋さんで実物を見て買ってみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

 

 

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

 

マナブさんのサイト

ブログ➡manablog

YouTubeチャンネル➡マナブ - YouTube

Twitterマナブ@バンコク (@manabubannai) | Twitter