シンパパkeniiのライフハックブログ

とりあえずやってみる!がモットーのシンパパが実際に経験した情報をまとめてお届けするライフハックブログです。育児・仕事・副業・生活術を中心に発信していきます。

新型コロナウイルスがもたらした日本人の働き方の変革について

f:id:jouhoukyok:20200217230916p:plain

猛威を振るっている「新型コロナウイルス

このコロナウイルスは感染力が高く、中国を中心に集団感染が問題になっています。

 

そんな中注目を浴びているのが「リモートワーク」の波です。

 今回は、堀江貴文氏が語ったリモートワークの波についてのお話も引用しながら

述べたいと思います。

 

リモートワーク

ちなみにリモートワークとは、

いわゆる在宅勤務のことを「リモートワーク」と呼ぶことが増えてきたようです。
所属している会社のオフィスではなく、自宅で働くことを指します。

「リモートワーク」や「在宅勤務」の他にも、「テレワーク」という呼称を用いる場合も。テレワークは、テレ(tele=離れた所)・ワーク(work=働く)が語源になっています。

近年ではインターネット環境が普及・充実したことで、自宅やレンタルオフィスなど、会社のオフィス以外で働くことが容易になりました。企業側としても職種によって、オフィス以外での勤務を認めるケースが増えています。特に出産後の育児と仕事の両立において、出勤する必要がない在宅での勤務は注目度が高くなっているようです。

引用:リモートワークとは何ですか?(人事労務Q&A)|人事、採用、労務の情報ならエン人事のミカタ

 

堀江貴文氏の話も引用しますが、

この記事の結論から言うと、

「今回の騒動で今後の日本人の働き方が変化する」という事です。

 

今回の新型コロナウイルス騒動をキッカケに他より先駆けて動いたのが、

IT企業のGMOです。

GMOでは新型コロナウイルスの猛威が叫ばれる中、いち早く社員に「リモートワーク」を命じました。

 

しかもその数4,000人!

全社員の9割に当たる人を在宅で勤務させる。

凄まじい行動力と社員を思う会社の姿勢に日本中から驚きと賛辞の声があがりました。

ZOZOの元社長前澤氏もこの行動を絶賛していました。

f:id:jouhoukyok:20200217232651p:plain

引用:前澤氏Twitterより

https://twitter.com/yousuck2020/status/1221599568619433985

 

絶賛を受けた行動は正解だったのか

そして、全社員リモートワークを命じてGMOの業績は変わったのか。

 

結論から言うと、

業績が落ちる事は無かったそうです。

在宅勤務中の社員同士の連絡手段はChatworkやSlackを使い何の問題もなく連携を取る事が出来たそうです。

そしてミーティングではzoomを使う事でこちらも問題なくミーティングを行えたそうです。

f:id:jouhoukyok:20200217234004p:plain

引用:Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS

 

4,000人が在宅勤務をして、アプリケーションを使う事で連携を図り業務をこなしていく。

もちろん、リモートワークで上手くいく部署もあればやり辛さを感じる部署もあるそうです。

 例えば、自宅にパソコンを持っていき環境を構築するのに少し時間がかかったり、

ちょっとしたコミュニケーションがとり辛いなどデメリットもあるようですが。

 

それでもリモートワークを行う事で得る利益の方が社員にとっては大きいようです。

社員のメリット

f:id:jouhoukyok:20200218005032p:plain

例えば、

・家族から仕事への理解を得られる

・通勤時間が省ける

・隙間時間を有効活用できる

・集中出来る

などなど。

 

更に会社にとってもメリットがあります。

会社のメリット

f:id:jouhoukyok:20200218005247p:plain

例えば、

水道光熱費の節約

・家賃(大きなオフィスを借りなくて良い)

・居座るだけの管理職などの無駄な人件費をカット

・企業イメージUP(ワークライフバランスの充実)

などなど。

 

社員としても会社としても無駄を省くことで互いに恩恵を得ることができる。

 

リモートワークが出来ない業種もある

当然ながら、日本中の企業がリモートワークを出来るわけではありません。

例えばサービス業などは出勤せざるを得ないし、

相手と対面で業務をこなす事で価値が発生する職でもあります。

ここに関しては、リモートワーク云々という概念が通じない部分が大きいかと思います。

 

しかし、堀江貴文氏いわく事務的作業に関しては全てをデータ化して尚且つ新しい技術を取り入れる事で、少人数かつ会社に出勤せずにリモートワークで業務を完結できるそうです。

GMOもコールセンター業務をリモートワークで行える設備を整え、且つチャットボットを導入することで少ない人数でも生産性を維持したまま作業を効率よく行えるようにしているそうです。

 

GMOに追随する企業

GMOがリモートワークを命じて以降、

多くのIT企業が従業員にリモートワークを命じています。

NTTでは時差出勤を命じたり、

ヤフーでは会合に出席する事を禁じています。

 

長期化

長期化した時にどの様な結果になるのか

GMOは2週間業績が落ちる事もなく順調に運営できると証明しました。

これが長期化するとどの様な変化が生まれるのか。

このコロナウイルス騒動が長期化してリモートワークが長引いても業績が落ちる事もなく運営が出来れば、

そもそも会社に出勤する必要がなくなる

会社も大きなオフィスを無駄に構える必要がなくなる

そして結果次第では、更に他の企業も追随して日本人の働き方が一気に変わる可能性も秘めています。

 

今後、日本人の働き方がどの様に変化していくのか注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

よく読まれている記事

 

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work