シンパパkeniiのライフハックブログ

とりあえずやってみる!がモットーのシンパパが実際に経験した情報をまとめてお届けするライフハックブログです。育児・仕事・副業・生活術を中心に発信していきます。

【ハーバード大学の研究】仕事や学業で成果を出す方法!

f:id:jouhoukyok:20200225060041p:plain

 はじめに

 

今回はメンタリストDaiGoさんの動画でも取上げられていた科学的見地から「仕事や学業で成果を出す方法」をご紹介致します。

 

科学的に立証された方法

科学的見地から見た仕事や学業で成果を出す方法があります。

それは結論から言うと運動です。

 

運動はストレス解消効果をもたらすなど、心身の調整に必要不可欠なものです。

以下ハーバード大学で行われた研究をご紹介致します。

 

ハーバード大学の研究】

f:id:jouhoukyok:20200225191317p:plain

ハーバード大学の人気No1講師のタルベンシャハー教授が運動とやる気・学力の研究をしました。

 研究結果

学生を対象にして被験者を4つのグループに分類しました。

グループ①:1ヶ月運動をしたグループ

 

グループ②:1ヶ月運動をしなかったグループ

 

グループ③ :定期的に運動をしたグループ

 

グループ④ :テストの朝だけ運動をしたグループ

 

4つのグループに同じ内容のテストを行い、テスト結果の順位を確認すると…

 

1位:グループ① 1ヶ月運動をしたグループ

 

2位:グループ④ テストの朝だけ運動をしたグループ

 

3位:グループ③ 定期的に運動をしたグループ

 

4位:グループ② 1ヶ月運動をしなかったグループ

 

という結果になりました。(2位と3位は僅差)

グループ①の日常的に運動する習慣を取り入れている人は、テスト結果にも良い影響が出ています。

 

 今日を最高の一日にする

上記の実験結果を見て面白いのが、

「テストの朝運動を取り入れた」グループ④が2位となった事です。

テストなど大事な日の朝に運動をするだけでも結果が良くなるわけです。

 

この結果から分かるように、

運動をする事で「やる気が上がる&頭が冴える」

学業や仕事などにも良い結果を与えてくれます。

 

[http://

:embed:cite]

科学的に見た運動とやる気・学力向上

 

運動をする事で、4つの効果が期待できます。

 

効果① BDMF(脳由来神経栄養因子)という物資が生成され、

  やる気が上がり新しい事を学ぶ意欲が向上する

 

効果② ドーパミンが生成され、注意力を高めてくれる

 

効果③ ノルアドレナリンが生成され、気分が良くなる

 

効果④ セロトニンが生成され、抗うつ効果が生まれる

 

どれくらい運動したら良いか?

わずか20分の運動で上記の4つの効果が期待できます。

しかも、走ったりする必要もなく、散歩程度の軽い運動で効果が現れます。

 

[http://

:embed:cite]

まとめ

テスト結果からも分かるように、

「仕事や学業で成果を出す方法」としては運動を習慣化する事が一番良い方法です。

しかし、まだ習慣化出来ていない人でも、大事な日の朝に20分の運動を取り入れるだけで効果が現れます。

勉強や仕事にも大いに役立ちますので、皆さんも運動を取り入れましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】

よく読まれている記事

 

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work

www.shinpapa.work